10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~

Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

メインビジュアル
                       

「10年」で「3割」
残る会社には理由あり

                   

会社設立から10年で、7割もの企業が倒産しています。 このサイトは、10年以上継続する会社を増やし、ネガティブな統計を少しでも改善しようと立ち上げたものです。特に愛知県での会社設立に特化し、経営者として押さえておきたい重要なポイントを解説していきます。

愛知で会社設立した企業の10年後

愛知県では、毎年およそ5,000社前後の会社が設立されています。日本全体で設立される数が年間8~9万社ですから、そのうちのおよそ16~18%を占めている計算になります。

平成28年の会社設立数は、5,550社。これは、日本で第5位に位置する数字です。

しかし、こうして会社設立をしたうちの約7割の会社が10年以内に倒産しているという統計があります。

<10年生き残る会社の割合>

開業時 1年後 2年後 3年後 4年後 5年後 6年後 7年後 8年後 9年後 10年後
生存率 100% 72.8% 60.9% 52.8% 46.5% 41.8% 37.7% 34.3% 31.2% 28.4% 26.1%
生存率
開業時 100%
1年後 72.8%
2年後 60.9%
3年後 52.8%
4年後 46.5%
5年後 41.8%
6年後 37.7%
7年後 34.3%
8年後 31.2%
9年後 28.4%
10年後 26.1%
参照元:中小企業庁「2005年度における中小企業の動向」のデータを基に作成

100社の会社が設立された場合10年後に生き残る会社の数は26.1社。つまり、約73%もの会社が倒産していることになります。愛知県で5,550社の会社が設立したとしても、10年後には約4,100社が倒産している計算になります。

倒産してしまった理由で最も多いのは「販売不振」で、全体の7割。次いで多いのは、「既往のしわ寄せ」(経営状況が悪化しているのに有効な手が打てず時間ばかりが過ぎてしまうこと)で、こちらは全体の1割ほどです。

会社設立をする際は、まずこうした事実を胸に刻み、1つひとつ丁寧に経営判断を行っていくことが大切です。

生き残るための専門家の知恵とは?

専門家
税理士法人 浅野会計事務所
浅野先生

税理士法人浅野会計事務所は、会社設立から創業・起業支援、労務コンサルティングなど、幅広い経営の悩みにワンストップで対応しています。愛知県で40年の歴史があり、金融機関からの信頼も厚く、早期経営改善計画の相談については県内有数の実績を有しています。

今回は、愛知での会社設立に詳しい専門家「税理士法人 浅野会計事務所」の浅野氏にご協力をいただき、10年生き残るための会社設立のノウハウを紹介していきます。

10年後に生き残るための知恵
会社設立をする上で大事なポイント

会社設立は、それだけを目的にするなら自分だけで手続きを済ませることができます。しかし会社設立時に大事なことは、ただ会社を設立するだけではなく「設立後を見据えた行動をとる」こと。

会社設立後の企業の倒産率は非常に高いです。その中で生き残るためには、会社のことを客観的な視点から分析することができ、未来の方向性を示すことが可能な「パートナーを見つける」こと。

たとえば個人事業主から法人成りする場合、そのタイミングによっては、税金を大幅に節約できる可能性があります。専門知識があるのとないのとで、会社設立時に手元にある資金が全然違ってきます。

こうした状況は、会社設立時に限った話ではありません。税務・会計は、経営とは切っても切れない関係にあります。経営のことまで考えて助言してくれるパートナーを、早い段階で見つけておくことは10年生き残る上で大事なポイントです。

会社設立前にココが知りたい!

では、そういった信頼できるパートナーは、どうやって見つければよいのでしょうか。

会社設立時に頼れる相談先としては、税理士、行政書士、司法書士といったものが挙げられます。このうち、経営のことまでしっかり見てくれるのは、税理士です。

長く事業を継続するために最適な依頼先は?

税理士

税金の申告や申請、税務書類の作成に始まり、財務・会計や経営に関するアドバイスなどを幅広く請け負っています。

司法書士

登記や法律相談などに関する書類作成・申請代行の専門家です。税務には精通していないため、経営のことまで考えた助言となると難しいでしょう。

行政書士

国や地方公共団体に提出する書類作成の専門家です。こちらも税務とは関わりが薄いため、経営コンサル的な業務には対応してもらえません。

このような違いがあるため、会社経営のことまで考えて助言をしてもらうなら、税理士に相談すべきといえるのです。

ちなみに、会社設立をする前、まだ検討している段階でも、税理士に相談する価値はあります。法人と個人事業主には、それぞれメリット、デメリットがありますが、それらを踏まえて、専門家の目線ならではのアドバイスをしてくれることでしょう。

個人事業主と法人との違いは?

形態 メリット デメリット
法人 ・社会的な信用度が高い
・融資を受けやすい
・経費の範囲が広く、節税対策の選択肢も多い
・設立に費用がかかる
・法人税や社会保険など、
ランニングコストが増える
個人事業主 ・コストゼロでも始められる
・法人税がかからない
・社会的信用度が低く、
大手企業の多くは個人事業主
と直接取引しない
・節税対策の選択肢が少ない

【設立前】
愛知で会社設立をする方法

愛知県で会社設立をする場合も、ほかのエリアで会社設立をする場合も、手続きに大きな違いはありません。必要な書類を、関係各所に提出するというのが基本的なステップとなります。

ただし注意したいのが、書類を用意するためには相応の準備をしておく必要がある、ということ。会社設立の方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にチェックしてみてください。

会社設立の基本的な流れは、愛知県でも、ほかの地域でも同じです。定款を作ってそれを公証役場に認証してもらい、続いて法務局で必要書類を提出して登記を行う、という流れです。

会社設立の手続きには、大きく2つのステップがあります。定款の認証と登記の申請です。求められる書類は手続きによって違うため、まずは各手続きの内容を知ることから始めましょう。

定款は、会社設立に欠かせない最も重要な書類です。法務局に公開されているテンプレートを参考に、作成する上で押さえておきたいポイントをまとめています。

定款と同じく、法務局に公開されているテンプレートを参照して、設立登記申込書の書き方のポイントを解説しています。見逃してはいけない注意点についても紹介。

所得が500万円を超えたら法人化を検討すべき、とよくいわれます。ここでは、その理由や、押さえておきたい法人化の注意点について詳しく解説しています。

名古屋でもほかのエリアでも、必要な費用項目は変わりません。ただ、自分で行うか、外部に委託するかで、トータルのコストは代わってきます。どちらを選ぶべきか、基本知識を交えて解説します。

会社設立=株式会社の設立、というイメージがありますが、最近はIT企業などを中心に、合同会社を選択する起業家も増えています。それぞれの特徴について、押さえておきたいポイントを解説します。

名古屋で会社設立を検討する時に知っておきたい、地域の特性についてまとめました。事業を行う上でのメリット・デメリットを押さえておきましょう。

社名につかえる文字の条件や、資本金の金額を決定するための根拠、事業目的を記載する上でのポイントなど、会社設立前に押さえておきたい注意点について解説しています。

会社設立には、法人登記手続きが不可欠です。ここでは、名古屋法務局本局へのアクセス方法をまとめています。名駅を起点に、乗り継ぎから徒歩で向かう道順まで順を追って紹介しています。

名古屋で起業を考える人向けに、名古屋駅前公証役場へのアクセス方法をまとめています。車で出向く場合に知っておきたいお得情報も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

個人事業主と法人とでは、支払う税金の種類が変わります。ここでは、会社設立にあたって知っておきたい、個人事業と法人の税金の違いについてまとめています。

愛知「エリアを熟知」して
10年の基盤を作る

登記をする際、会社の所在地を決める必要があります。業種にもよりますが、オフィスをどこに構えるかはとても重要な問題です。愛知県の中でも特にオフィスの激戦区といわれる名古屋市・一宮市・春日井市に着目して、それぞれの特徴をまとめました。

名古屋市で会社設立をするために

愛知県の中心ともいえる名古屋市。特に名古屋駅周辺には、たくさんの商業施設はもちろん、オフィスも立ち並んでいます。近年大規模なビルの開発が進んでおり、今後さらに都市として魅力が増していくでしょう。

一宮市で会社設立をするために

一宮市は、名古屋市・豊田市に次いで人口の多い都市です。また一宮市の事業所数は、愛知県内で第2位。昔から織物の街として、繊維関係の会社が多く設立されてきました。一宮市の書類提出先や、オフィス相場についても触れています。

春日井市で会社設立をするために

春日井市は、自然が多い一方商業施設も充実しているため、ライフタウンとして栄えています。また、名古屋までのアクセスに便利なことから、オフィスの需要も増えつつあり、これからの発展が期待されているエリアとなっています。

【設立後】
愛知で10年後も会社経営するための鍵

会社設立を無事に終え、ホッと一息つきたいところですが、設立後にもやらなければいけないことはたくさんあります。諸々の手続きはもちろん、事業を長く続けるためには最初が肝心。設立後に何が必要か、その要点をしっかり押さえておきましょう。会社設立までの手続きと同じく専門的な知識が必要になるため、頼れるパートナーがいると安心です。

資金調達

会社経営において、最も大切ともいえるお金の問題。自己資金だけでまかなうのが厳しければ、借入や融資などを検討する必要があります。また、補助金や助成金をうまく利用するのも賢いやり方です。

創業資金調達方法を詳しく
書き方

創業融資を申請するには、創業計画書が必要となります。融資してもらえるかどうかに関わるとても大切な書類なので、書き方にも注意が必要です。融資を受けやすい創業計画書とはどんなものか解説していきます。

創業計画書の書き方を詳しく
相談

起業後、会社を運営し軌道に乗せていくためには、相談できる相手が必要です。何が問題が起きてしまった時、思うように経営が上手くいかない時には、第三者の意見を取り入れましょう。名古屋でおすすめの経営相談先を紹介しています。

名古屋でおすすめの経営相談先を詳しく
保険

会社を設立したら、必ず加入しなければいけないのが社会保険です。会社はもちろん、社員の生活にも関わる問題なので、経営者として正しい知識を持っておかなければいけません。保険に関する基本的な知識をまとめました。

会社設立時に加入が必要な保険を詳しく

愛知の情報に「アンテナ」を立て
最良の判断を

会社を設立し、長く生き残っていくためには、常に様々な情報にアンテナを立てておく必要があります。知らないことで、損をしてしまうという可能性もあるので、そうならないように常に愛知県に関連する最新情報をチェックしておきましょう。

愛知で会社設立関連ニュース

会社設立までの時間を短縮しようという動きがあることをご存知でしょうか。またこの時代には欠かせない新たな補助金制度も導入されています。愛知県で会社設立をするなら知っておきたい情報をまとめました。

愛知の中小企業向けの助成金情報

愛知県内に本社を置く事業所が利用できる助成金についてもチェックしておきましょう。会社設立や従業員を雇う際、かかる費用の一部を国が負担してくれます。ここでは5つの補助金・助成金を紹介しています。

会社設立に関する愛知県の統計データ

愛知県内の5つの統計データを集めました。産業に関して、景気に関して、経済の動きに関してなど、様々なデータをチェックしておくことで、会社経営のヒントが得られるかもしれません。

【特集】愛知で医療法人の設立をする

将来は自分のクリニックを医療法人化したい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。医療法人は、医療法の規定に則って、愛知県の認可を得ることによって設立されます。医療法人化することで、節税対策になる、社会的な信用度が増すなどのメリットがあります。また事業の拡大も簡単になるので、手広く経営し収益を増やしていきたいとお考えであれば、法人化することをおすすめします。

愛知県での医療法人の設立のしかた

医療法人を設立する前に、どんなメリットとデメリットがあるのか、どれくらいの費用がかかるのか、設立までの流れなど、知っておきたい基本的な情報をまとめています。法人化するためには細かいルールや手順がありますが、まずは大まかに頭に入れておきましょう。

1年後ではなく、10年後を見据えた会社設立

会社を設立するためには、様々な準備が必要だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。考えなければいけないこと、やらなければいけない事務作業などが多く、法人化する代表者だけでこれらを全てこなすのは簡単なことではありません。

そんな時に頼りになるのが、税理士、司法書士、行政書士などの「士業」と呼ばれる職業のパートナー。専門的な知識を使って、スムーズに会社設立ができるように導いてくれます。

毎年いくつもの会社が設立し、その多くが5~10年のうちに廃業に追い込まれてしまいます。長く生き残るためには、10年先を見据えた事業計画が必要となります。設立後、経営に関しても長くサポートしてくれるパートナーを見つけることができればとても心強いです。

監修に協力いただいた事務所

今回このサイトを制作するにあたって、監修を依頼したのは愛知県に事務所を構える税理士法人浅野会計事務所です。会社設立サポートのほか、税務会計業務、相続対策サポート、資金調達サポートなど、税務経営のスペシャリストとして、多くの経営者の夢を叶えるための支援を行っています。

サイト監修者

税理士法人 浅野会計事務所

浅野会計事務所公式ページキャプチャ

浅野会計事務所が目指しているのは、「日本一親切でやさしい税理士事務所」。それを実現するため、顧客ひとりひとりに、誠実にサービスを提供することを心がけ、40年以上もの実績を誇っています。地元金融機関の強い信頼関係があり、融資の実績も注目のポイントです。

今回このサイト制作を進めるにあたって、経営者が長く生き残ることができる会社を設立するためには、
「10年先も生き残るすべを熟知している事務所」に依頼するべきだと考えました。

会社設立や税務だけでなく、経営まで踏み込んでワンストップでサポートを行っている浅野会計事務所は、経営者にとって心強い存在です。実績はもちろん、最新のツールを使った運用や、充実のサポート体制など、ほかとは違う様々な魅力を感じサイトの監修をお願いしています。

浅野会計事務所のHP

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野先生に
ついて詳しく