Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知県での医療法人の設立のしかた » 愛知での医療法人設立時の費用

愛知での医療法人設立時の費用

医療法人化をするためには、費用がかかります。何にどれくらいの費用がかかるのか、その目安を知り準備しておきましょう。

医療法人化は複雑な手続きが多いため、ほとんどの場合、税理士・行政書士・会計士などの士業と呼ばれる人や、コンサルタント会社などに依頼して行います。

誰に依頼をするかによっても費用の目安は異なりますが、何にどれくらいの費用が必要になるのかを、大まかに紹介していきたいと思います。

医療法人設立時にかかる費用

医療法人化の手続きを依頼する費用

冒頭でも述べた通り、医療法人設立の手続きを自分自身で行うのは難しいでしょう。法人設立をするには、士業やコンサルタントに依頼して行うことになります。

依頼する際には、報酬が発生します。金額は、手続きの一切を全てお願いするのか、一部は自身で負担するのかなど、その内容によって異なります。

そのためいくらかかるかは、依頼先によって異なりますが、数十~百万円程度になることが多いようです。詳しくは各依頼先でご確認ください。

保健所への開設許可申請にかかる手数料

個人院を開院するときとは違い、医療法人を開院するには保健所への許可申請が必要となり、申請には手数料がかかります。

愛知県の場合、病院の開設なら45,000円、診療所の開設なら20,000円、助産所の開設なら12,000円と定められています。(2018年6月現在)

許可申請の様式は愛知県の公式ホームページでダウンロード可能ですが、名古屋市・豊橋市・岡崎市・豊田市内の施設は様式が異なるようなので、それぞれの市に問い合わせてみてください。

その他諸費用

医療法人に変わると、手続きにかかる費用以外にも様々なコストがかかります。法人印の作成料金や、看板・名刺・公式ホームページの変更など、様々な名称変更にも費用が発生します。

その他法人設立後にも、税理士の顧問料や毎年行わなければいけない登記手続き、社会保険への加入などの費用もかかります。

また医療法人になると、分院開設や移転など、何か変更がある場合には役所の許可や届出が必要になり、その都度手数料を支払わなければいけません。

法人化を検討する際は、今後必要になるコストを長い目で見てシミュレーションする必要がありそうですね。

まとめ

医療法人化するためには、決して安くはない金額を支払うことになります。また諸々の手続きを依頼するにしても、きちんと費用の内訳を理解しておいた方が良いでしょう。

会社設立を成功させるためのヒント

補助金や助成金などを利用する際に注意すべき点などはありますか?

人物アイコン
編集部

一般の法人企業と大きく変わりません。補助金とは異なりますが、中小企業経営許可税では医業は他業種に比べ、適用範囲が狭くなっているので、利用を考えている場合は設備等の取得前にしっかり検討が必要です。助成金については、一般の法人企業と同様に、就業規則の作成、勤務時間の管理(タイムカード・シフト表の作成など)、残業代・手当の適正な支給、雇用契約書の作成はやっておく必要があります。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について