Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知県での医療法人の設立のしかた » 愛知での医療法人設立のメリット・デメリット

愛知での医療法人設立のメリット・デメリット

個人院から医療法人に変更する、いわゆる法人成りをお考えの方も多いのではないでしょうか。医療法人化すれば、「節税になる」「社会的信用度が上がる」など、メリットが多いように見えますが、実はメリットはもちろん、デメリットもあります。まずはそのメリットとデメリットをしっかり把握しておきましょう。

また、個人医院と医療法人にはどんな違いがあるのか、開設時の手続き・業務範囲・商業登記・社会保険への加入など、項目を表にしてわかりやすくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

医療法人設立のメリット・デメリット

医療法人を設立することのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・税金の負担を軽減できる
・事業継承がしやすくなる
・分院経営や介護保険ビジネスが可能になる
・社会保険の加入が必須になる
・交際費に限度額が設けられる
・解散時、剰余金が返還されない

税金について

個人院の場合、所得税と住民税を合わせた最高税率は50%。それに対して医療法人の場合は、全ての税金を合わせても40%前後と低くなります。

また、医療法人の場合役員は法人から給与が支払われることになります。個人院では事業所得がそのまま所得税の対象となりますが、役員の給与も給与所得に該当するため、給与所得控除を受けることができ、所得税を軽減することが可能です。

さらに、生命保険料、家族役員への報酬、退職金など、個人院では必要経費とならなかったものが、医療法人では経費としてみなされるため、その分節税することができます。

事業継承について

医療法人の場合、出資持分を生前に贈与することができるため、相続対策がスムーズになります。理事長に万が一のことがあったとしても法人は継続していくため、新たに手続きなどをする必要もありません。

分院経営について

分院や介護事業所など、複数の事業所を経営できるようになります。業務の範囲も、診療所や病院のほか介護老人保健施設、看護師学校、精神障害者社会復帰施設など幅広くなるため、さらなる事業の拡大が見込めます。

社会保険の加入について

従業員の人数に関わらず、社会保険への加入が義務付けられています。

しかし保険料の負担が増えることを考えるとデメリットに感じるかもしれませんが、人材確保など長い目で見ると、加入して損ということはないでしょう。

交際費について

出資金の額によって、経費の限度額が決まっています。

  • 期末出資金が1億円以下の場合…年800万円を超える金額、または接待飲食費の50%を超える金額。
  • 期末出資金が1億円を超える場合…接待飲食費の50%を超える金額

上記が「損金不算入額」、つまり経費にならない交際費ということに。

また、設立が認められる持分なし医療法人については、出資金がないため、出資の金額に準ずる額で判定をします。

出資の金額に準ずる額=期末総資産簿価-当期利益(または+当期欠損金)×60%

解散時の余剰金について

平成19年に新医療法が施行されたことにより、医療法人が解散した場合、剰余金のうち拠出金額を超える分は、国や地方公共団体などへ帰属することになりました。

これから新たに設立される医療法人については、解散する際に法人内に資産が残らないよう意識することが必要です。

会社設立を成功させるためのヒント

法人化をしたいほうが良いというケースがあれば教えてください。

人物アイコン
編集部

所得の観点:個人診療所の経営状況等人により大きく変わりますが、課税所得2000万円~3000万円あたりから検討してもよいと思います。課税所得が少ないと節税効果も小さいため、このあたりが目安になります。
採用の観点:採用を強化したい場合。法人であれば社保加入が義務である点など、個人診療所より求職者から見て魅力のある職場に見えます。歯科衛生士などでは医療法人からエントリーするよう指導する専門学校もあるようです。
事業承継の観点:お子様や親族に承継する予定がある場合、法人組織として事業承継する方が、手続きも容易で相続税や贈与税などの課税も少なく済みます。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

   専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

   

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
公式HPへ