Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知県での医療法人の設立のしかた » 医療法人とMS法人の違い

医療法人とMS法人の違い

医療法人の設立をお考えの方は、きっと耳にしたことがある「MS法人」について調べてみました。MS法人とはどんなものか、医療法人との違いについて、詳しく見ていきましょう。

MS法人とは

そもそもMS法人とは「メディカルサービス法人」の略称で、医療機関に対して、運営に関わる様々なサービスの提供、医療機関では行えない業務を行うための法人のことをいいます。MS法人という法人形態があるわけではなく、法人形態自体は、株式会社や合同会社といった一般の法人形態です。

MS法人は、受付窓口業務、クリニックの会計事務、不動産の賃貸管理、院内清掃、医療機器のリース、医薬品等の販売、売店・食堂の運営など非常に幅広い業務を行うことができます。

MS法人を設立する目的は、運営に関わるサービスを提供することに加え、医療機関が行うことのできない営利業務を行うということ。というのも、医療機関は、医療機器や化粧品などの販売を直接行うことはできません。そこでこれらの販売を行うため、医療機関とは別にMS法人を設立し、この会社がその役目を担うというわけです。

MS法人の設立は、もともとは主に医療機関の節税対策のため行われていましたが、時代が進むにつれて、新たな事業展開を目的とした設立が増えてきているようです。

また、複数の医院を運営している場合は、経理などの業務をMS法人が一括して管理することで、経費削減や、経営状態を把握しやすくなるなどのメリットもあります。消耗品などの仕入れもまとめて行うことができるため、経費が削減できるという効果もあります。

医療法人とMS法人の違い

医療法人とは、医療行為を行うための法人です。特定の組織や個人の利益のためでなく、社会一般の利益となる法人として、医療法に基づきつくられました。そのため、医療行為以外で利益を得ることは一部を除き認められていません。

対してMS法人は、医療法ではなく会社法に基づいてつくられた会社のことをいいます。MS法人の目的は、一般的な株式会社や合同会社といった法人と同様のため、営利目的の活動も可能です。

医療法人には禁止されている様々な営利事業を代わりに行うことで、節税対策のほか、経営上もその恩恵を受けられるというわけです。

MS法人は医療法人とは違い、一般の会社なので認可は必要ありません。定款認証、株主総会、出資金の払い込みなどの手続きを経て、登記を行い設立が完了します。ただし営業するにあたっては、認可が必要になる場合があるので注意しましょう。

まとめ

もともとは節税対策としての意味合いが大きかったMS法人の設立ですが、事業の拡大のために取り入れているという医療法人も多いようです。医療に付随するサービスを提供できることで、患者へのメリットも増えるでしょう。

しかしMS法人を設立するには費用がかかります。実際設立した場合、どんなメリットがあるのかをしっかりと検討する必要がありそうです。

会社設立を成功させるためのヒント

長く経営(10年くらい)している医療法人の特徴や傾向を教えていただきたいです。

人物アイコン
編集部

一般の法人企業、個人診療所と同様で、資金繰りや売上(集患)を行えるかといった点です。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について