Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知での会社設立の方法 » 会社設立時に利用する銀行口座

会社設立時に利用する銀行口座

会社設立時に注意しなければならないことは無数にありますが、中でも取引銀行の選定は重要な項目の1つです。このページでは、そんな会社経営に欠かせない、銀行周りの基本知識を解説します。

会社設立前の銀行口座

個人用の口座は、身分が証明できるものさえ持っていれば、簡単に作ることができます。

しかし法人用の口座は、個人用の口座ほど簡単には作れません。犯罪に使われるリスクもありますし、会社同士の付き合いとなる分、金融機関が負わなければならない責任も大きくなります。

無数のチェック項目をクリアする必要があり、提出しなければならない書類も少なくありません。

そのため、そもそも会社が存在していなければ、手続きを進めることができません。法人用の口座を設立するには、まず会社を設立する必要があるわけです。

もし、会社設立後すぐに法人用の口座を使わなければらならない場合、口座開設の手続き等の時間も考慮して、事前に準備を進めておく必要があります。

会社設立後の銀行口座

会社設立がどのくらいの期間で完了するか、というのは、手続きを行う法務局の込み具合で変わります。短くて数日、長くて2週間ほどは見ておくよいでしょう。

銀行口座の開設は、登記手続きの完了後、謄本が手元に届いてからとなります。

口座開設の手続きに掛かる時間ですが、法人化する前に取引のある銀行であれば即日~数日、そうでなければ、1~2週間ほど掛かります。法人用口座ができるのは、おおむね会社設立日から1カ月後、と考えておくとよいでしょう。

資本金の払い込みについて

法人用口座がなければ、資本金の払い込みができません。そのため、会社設立時には発起人の個人口座を使います。この際に使う口座は、すでに使っているもので構いません。

払い込みに使う口座を決めたら、あとは事前に決めた出資額に沿って各発起人が振り込みを行います。この振り込みを通帳に記帳して、「通帳の表紙」「表紙裏」「振り込んだ金額が記帳されているページ」の3つをコピーしておきます。

その後は、フォーマットに基づいて払込証明書を作成し、先のコピーと綴じて資本金を払い込んだ証明とします。

銀行の種類

法人口座を開設する際、ぜひ知っておきたいのが、銀行ごとの特徴です。以下にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

種類 おすすめ 特徴
都市銀行 大規模の会社 大都市に拠点を持ち、全国にも幅広く支店を展開する銀行です。幅広い金融商品をラインナップしているなど、利便性が高いといったメリットが考えられます。
地方銀行 中規模・小規模の会社 地方都市に拠点を置く銀行です。業務内容は都市銀行とほとんど変わりませんが、地域との密着性が強く、融資の審査も柔軟です。たとえば名古屋周辺だと、名古屋銀行や愛知銀行、大垣共立銀行、十六銀行などが挙げられます
ネット銀行 中規模・小規模の会社 実店舗を持たない代わりに、手数料等を低く抑えている銀行です。ネット限定だけあって、IT化による高い利便性も期待できます。
信用金庫 中規模・小規模、極小規模の会社 中小企業や地域のための、非営利の金融機関です。預金は誰でもできますが、貸し出しは会員(資本金9億円以下従業員300名以下の小規模事業者や地域居住者)に限られています。

取引銀行を決める際には、設立した会社の事業規模や業態を元に、上記特徴を踏まえて検討されることをおすすめします。

銀行取引の種類と内容

個人で利用する場合、銀行取引と言えば、預金や振り込み、引き出し等が主なものでしょう。しかし法人の場合は、もう少し数が増えます。以下にまとめてみましょう。

こういった取引のほか、資金繰りや経営に関する相談などにも対応してもらえます。

法人口座開設を断られるケース

法人口座を作ろうとしても、審査に落ちてしまう可能性があります。

そういったときに考えられるのは、以下のような要因です。

口座開設を断られるのは、会社としての信用が得られないことが大きな理由です。口座開設の際は、周辺環境をしっかり整えたうえで、信用に足る会社であることをアピールしましょう。

まとめ

地方で会社設立をする場合、都市銀よりも、その地域との結びつきの強い銀行を選択するケースが多いです。というのも、長年地域に根差しているだけあって、柔軟な対応ができるからです。

もちろん、行っているサービスや業態によっては、都市銀行の方が使い勝手がいい、ということはあるでしょう。法人化すると、個人で利用していたときとはまた違った形で銀行と取引していくことになります。

経営を続ける限り金融機関との関係は続いていきますので、本当に自社にとってメリットが得られる銀行かどうか、慎重に吟味されることをおすすめします。

会社設立を成功させるためのヒント

口座を開設にあたり避けたほうが良い銀行の特徴や相性が悪い場合などはありますでしょうか?

人物アイコン
編集部

都市銀行などは口座開設に時間がかかる場合があるようです。まずは地元の信用金庫など、地域密着型の銀行に相談するほうが、担当者が親切に応じてくれる傾向があるように感じます。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

   専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

   

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野先生に
ついて詳しく