Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知での会社設立の方法 » 愛知での会社設立の流れ

愛知での会社設立の流れ

会社勤めで蓄えたノウハウと軍資金をもとに起業したり、個人事業が軌道に乗ったタイミングで法人成りを考えたり、会社設立をする経緯は人それぞれです。いずれも自分が思い描くビジョンを実現するために、人生を賭ける覚悟で臨んでいることでしょう。

ここでは、そんな野心溢れる起業家がまずクリアしなければならない、会社設立の基本的な流れを解説してみたいと思います。

愛知(名古屋)で会社設立する場合の流れ

【1】発起人が会社設立を決意

まずは、代表者となる起業家当人の決意と覚悟が必要です。もちろん、収益を上げる具体的かつ現実的な計画があることが前提です。

【2】基本事項の決定

会社を設立するには、定款が必要です。そして定款を作成するには、事前に所定の項目(商号・事業目的・本社所在地・資本金・出資者の構成・機関設計・事業年度等)を決定しておく必要があります。

【3】代表印の作成

法人の代表者が持つ印鑑です。法人印とも呼ばれます。法人登記をはじめ、重要な取引では必ず必要になってくるものです。

【4】定款の作成

定款とは、会社の憲法のようなものです。法務局をはじめ、ウェブ上には定款のひな型が無数に公開されています。その中のいずれかをもとに作成していけばスムーズでしょう。

【5】定款の認証

作成した定款を、公証役場で認証してもらいます。直接役場に出向いて手続きを行うか、ウェブ上で電子的に手続きを行うかの2つのパターンがあります。ただし、電子認証の場合も、認証された定款を受け取りに役場へ出向かねばなりません。

【6】金融機関に資本金を払い込む

資本金は1円からでも手続きできますが、現実的には100~1,000万円を払い込むことがほとんどです。この際、払い込んだ証明をするために、記帳した通帳のコピーを取っておきましょう。

【7】登記を申請する

必要書類を用意し、法務局で登記手続きを行います。役員になるメンバーの有無などによって必要書類が違うため、自身のケースではどういった書類が必要になるのか、あらかじめしっかり確認されておくことをおすすめします。

【8】関係各機関への届け出

設立した法人に関係する税金や保険、給与等の届け出もぬかりなく行う必要があります。税務署、労働基準監督署、市町村の役所等、提出先によって必要な書類が異なりますので、こちらも事前にチェックリストを作成し、抜け漏れのないよう配慮されるとよいでしょう。

まずは何をすればよいのか

法人設立にあたってまず行うべきことは、大まかな流れをまず把握し、各ステップごとにどういった書類と手続きが必要なのかを洗い出すことです。

またその際は、手続きに必要な費用もしっかり押さえておきましょう。

たとえば定款の認証手続きなどは、書類で行う場合4万円の収入印紙を添付する必要があります。一方、電子認証で手続きを行う場合、収入印紙は不要。4万円をまるごと節約することができます。

たかが4万円、されど4万円です。会社設立時は大きなお金を頻繁に支払うため、金銭感覚がマヒしてしまう人が少なくありません。節約できるところは節約し、手堅く手続きを進めましょう。

ちなみに、法人登記はどこの法務局でもできますが、定款の認証は、会社の本社所在地を管轄する公証役場(つまり愛知県下の公証役場)でしかできません。

以下に名古屋エリア周辺の公証役場をまとめましたので、最寄りがどこにあるのか、事前にチェックしてみてください。

名古屋エリア周辺の公証役場一覧

葵町公証役場 名古屋市東区代官町35-16
高岳駅から徒歩7分
熱田公証役場 名古屋市熱田区神宮4-7-27 宝ビル18号館2階
伝馬町駅から徒歩2分
名古屋駅前公証役場 名古屋市中村区名駅南1-17-29 広小路ESビル7階
名古屋駅から徒歩8分
春日井公証役場 春日井市鳥居松町4-151
春日井駅から徒歩20分
一宮公証役場 一宮市栄1-9-20 朝日生命一宮ビル5階
名鉄一宮駅から徒歩4分
半田公証役場 半田市宮路町273 柊ビル2階
住吉町駅から徒歩9分
岡崎公証人合同役場 岡崎市羽根町字貴登野15 岡崎シビックセンター2階
岡崎駅から徒歩8分
豊田公証役場 豊田市喜多町6-3-4
豊田市駅から徒歩11分
豊橋合同公証役場 豊橋市駅前大通2-33-1 開発ビル9階
豊橋駅から徒歩8分
西尾公証役場 西尾市花ノ木町3-3 丸万ビル3階
西尾駅から徒歩4分
新城公証役場 新城市字町並16
新城駅から徒歩4分

自分ですべて行うことも代行することも可能

法人設立の手続きは、やり方さえわかれば、自分ですべてをこなすことも可能です。

一見すると難しそうに思えますが、何日間かみっちり勉強すれば、おそらく理解できるようになるでしょう。最近はウェブ上にもたくさんの情報がありますから、わからなくなって立ち往生してしまうこともないはずです。

ただ、それには根気も時間も必要です。起業前のバタバタしたタイミングでは、ミスなく作業できるかもわかりません。

司法書士へ頼めば、書類の用意から手続きまで、代行してもらうことができます。差し迫った事情がない限り、専門家に相談するのがベターな選択肢であると言えるでしょう。

まとめ

会社設立においてまず大切なのは、定款、法人実印の準備→定款認証→法人登記、という大まかな流れを把握することです。

その上で各ステップごとにさらに必要な書類等をさらっていけば、何をすべきかが体系的に理解できるでしょう。

ただ、そうした手続きに明るくないなら、手間を削減し、時間を節約するためにも、専門家に代行してもらうのが無難な選択肢。自身が何日もかかりきりになるより、おそらくコストパフォーマンスは高いはずです。

会社設立を成功させるためのヒント

会社設立した直後に起こりやすい失敗例があれば教えてください。

人物アイコン
編集部

現行(※編集部注:2018年8月現在)の会社法では、資本金の制限がないので、少額な資本金で会社を設立するとすぐに運転資金がショートしてしまう場合があります。また、創業融資などでは「資本金の何倍」という考え方があるので、融資が少額しか受けられないという問題点も発生します。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

   専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

   

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野先生に
ついて詳しく