Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知での会社設立の方法 » 定款の書き方

定款の書き方

どのような形態の会社を設立するにせよ、定款の作成は避けては通れない工程です。このページでは、定款とは何か、ということろから、定款の書き方、注意点に至るまで、順を追って解説してみたいと思います。

定款とは?

定款とは、その会社の目的や組織としての在り方の指針となる基本的なルールです。一般には、このルールを記した書類(または磁気媒体)を指します。

会社法など、所定の規則に従った形で記載する必要がありますが、法務局をはじめ、書面のひな型が広く公開されているため、そういったテンプレートをもとに作成するのが一般的です。

定款作成する上でのルール

定款には、記載しなければ定款として認められない「絶対的記載事項」、定款に記載がなければ効力を発揮しない「相対的記載事項」、任意で記載するかを決めていい「任意的記載事項」といった3つの記載事項があります。

絶対的記載事項は、たとえば商号や本社所在地、資本金の金額など、会社法で定められている項目。

相対的記載事項は、株式の譲渡制限や公告の方法など、定款として絶対に必要な項目ではないが、規則として定めたい項目。

任意的記載事項は、事業年度の括りなど、定款に記載がなくても有効になる項目を指します。

定款を作成する際は、これらの記載事項を踏まえて作業を進める必要があります。

定款を書くときのポイント

以下は、法務局の公式サイトに公開されている定款のフォーマットです。少々長いですが、参考までに一通り目を通してみてください。

定款のフォーマット例

参照元:(PDF)法務局:商業・法人登記の申請書様式[pdf]

いかがでしょうか。

難しい表現が随所に出てきますが、基本的には○○というように穴が開いている個所を埋めていけば必要十分な定款ができあがります。自身の業種によって表現の変更が必要な箇所もあるでしょうが、ウェブ上にはこうした定款のフォーマットがたくさん公開されていますので、適宜参照すればさほど戸惑うことなく作業が進められるものと思います。

押さえておくべきこと

定款を書くときに押さえておきたいのは、上でも少し触れた絶対的記載事項です。これを書き漏らすと定款として認めてもらえませんので、十分に気をつけましょう。

ちなみに、絶対的記載事項は以下の通りです。

商号

会社の名前です。

上記のフォーマット例で、第1条にあたる内容です。発起人の自由につけることができますが、株式会社の場合は株式会社、合同会社の場合は合同会社、という文字を入れる必要があります。

ほか、公序良俗に反する文字列や、会社組織の一部署を指す文字列などは入れてはいけないなど、いくつか守らなければならないルールがあります。事前に確認しておきましょう。

目的

会社の活動を定める目的です。上記のフォーマット例の第2条にあたる内容ですね。

この目的の範囲内でのみ、事業を行うことができます。将来的に複数の事業を手掛けようと考えているなら、あらかじめ複数記載しておくことをおすすめします。

本店の所在地

会社の本店(本社)の所在地です。上記のフォーマット例の第3条にあたります。所在地は市町村(東京都なら区)までの記載で構いません。

設立に際して出資される財産の価額又はその最低額

会社の資本金となる金額です。金額は1円から自由に決めることができます。額を確定できない場合は、最低額でも構いません。出資が履行できる最低ラインを記載しておきましょう。

注意点

よくある間違いに、発起人の住所の記載があります。ハイフンを使った表記は、省略のために用いるものですので、正式な書類では推奨されません。○丁目○番地○号、というように、漢字を使って記載しましょう。

表紙の作り方、綴じ方

表紙はつけてもつけなくても構いません。つける場合、商号と「定款」の文字列、作成した日付を入れるのが一般的です。

書類を綴じるときは、短辺綴じで、左端を2ヵ所留めます。

もし、閉じた後に間違いが見つかり、訂正する場合は、該当箇所に二重線を引いて、脇に修正後の文字列を書き入れます。その際は、「○字削除 ○字追加」というように、修正情報も付記しておきましょう。

会社設立を成功させるためのヒント

定款を作成する上で、ここは注目して作成・確認をするべきだというポイントがあれば教えてください。

人物アイコン
編集部

定款の目的は謄本に記載されます。会社法改正後は目的の文言も比較的自由になってきました。会社の業務の強みが表れている目的の書き方も自社アピールの一つです。

人物アイコン
浅野先生
ページ監修者

税理士法人浅野会計事務所
浅野芳郎先生

専門家

当サイト「10年後に生き残る会社設立 ~愛知編~」は、愛知(名古屋)エリアを中心に会社設立、会社経営のサポートを行っている『税理士法人 浅野会計事務所』代表・浅野芳郎先生にご監修いただいております。

浅野会計事務所の公式HPへ

電話で相談してみる

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について