Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 名古屋市で会社設立をするために » 名古屋で融資をしてくれる機関と制度一覧

名古屋で融資をしてくれる機関と制度一覧

名古屋市では、事業者への支援として資金の調達制度を設けています。

名古屋市が設けている制度は以下の通りです。条件がある制度もありますが、創業から経営安定まで、幅広く資金援助をしてくれます。いざというときに便利な制度を活用できるよう、ぜひ目を通してみてください。

名古屋市信用保証協会の信用保証付き融資制度

保証人を引き受ける公的機関「名古屋市信用保証協会」の信用保証を受けて融資を受ける制度です。また、融資の際には信用保証協会と金融機関の審査に通る必要があります。

新事業創出資金

創業や分社化の資金に利用可能な制度です。 新事業創出資金の限度額は3,500万円。事業を営んでいない個人で、1~2ヶ月以内に新たに開業あるいは会社を設立したときに融資を受けられます。

小規模企業等振興資金

一般的な事業資金に利用できます。 通常資金は、市内で事業を営む従業員数が50人以下の法人。 従業員の数に応じて、通常資金と小口資金のいずれかを受けられます。

経営強化支援資金

経営の強化を図る前向きの資金に利用可能な制度です。市内で事業を営む会社・個人・医療法人・協同組合などは、限度額1億5,000万円までの融資を受けられます。

経営安定資金

経営を安定させるための資金として利用可能な制度です。「経済変動対策資金」「環境適応資金」に分かれています。

経済変動対策資金は、セーフティネットの認定を受けている法人などに8,000万円まで融資されます。

環境適応資金は、経営環境の急激な変化で売上高・利益率が低下している中小企業が対象です。こちらも8,000万円まで融資を受けられます。

(公財)名古屋市小規模事業金融公社取扱いの融資制度

名古屋市小規模事業金融公社は、金融・経営相談や事業資金の融資などを行い、小規模事業者の経営をトータルサポートする公益法人です。名古屋市小規模事業金融公社の儲ける申込資格を満たしている場合に受けられる制度は、以下の通りです。

経営活性化資金

経営の活性化を図るための資金に利用可能な制度。会社・個人および特定非営利活動団体の方が対象です。通常、融資金額は1事業者あたり2,000万円以内。不動産などを担保にする場合は、運転資金または設備資金として1事業者につき5,000万円の融資を受けられます。

経営活性化資金

小規模事業者などが利用可能な資金です。市内に事業所があり、事業を6ヶ月以上営んでいること、従業員数が50人以下の小規模事業であること、税金の滞納をしていないことが条件になります。1事業者につき2,000万円以内であれば、運転資金・設備資金として融資が受けられます。

創業・事業展開支援資金

創業や事業の多角化の資金に利用可能な制度です。創業・事業展開支援資金には2種類あります。

1つは、市内の小規模事業者などが、創業期において資金を必要とする場合に受けられる「創業支援資金」。

もう1つは、現在事業を営んでいる名古屋市内の小規模事業者などが、事業の多角化・転換をする時期において、資金を必要とする場合に利用できる「事業展開支援資金(多角化資金・転換資金)」です。

必要総資金の90%以内であれば、1事業者に2,000万円以内の融資がおります。

ものづくり設備導入資金

ものづくり産業の設備導入資金に利用可能な制度です。 市内に一定の事業所があり、6ヶ月以上ものづくり産業に属する事業を営んでいることを条件に、機械・設備の導入のための融資が受けられます。「ものづくり」の範囲は、製造業、自動車整備業、ソフトウェア・デザイン業など多岐に渡ります。

商店街活性化促進資金

商店街づくりに貢献する会社が対象です。主に商店街の活性化を目指して融資されます。市に主たる事務所があること、税の滞納がないことが融資を受ける条件です。

名古屋にある「地方銀行」一覧

名古屋市中区内には、名古屋銀行・十六銀行・第三銀行といった「地方銀行」が45店舗あります。地銀ごとに特色があり、事業者向けローンやビジネスサポートを用意しているところも。

こちらでは、名古屋でも代表的な地銀5店舗で受けられるサービスについて解説しています。ぜひ会社設立・運営時の融資を受ける際に役立ててください。

名古屋銀行

名古屋銀行では経営者をサポートするため、法人役員・個人事業主限定の経営者向けフリーローン「ジャストタイム」を用意しており、事業用資金の融資を受けることが可能です。クレディセゾンが保障会社となり、最低10万円から最高500万円まで借り入れできます。融資期間は6ヶ月以上10年以内。年利は5%、8%、14%の中から、審査の上で決定します。

十六銀行

名古屋に4店舗ある十六銀行では、経営サポートシステムを幅広く取り扱っています。補助金・助成金のサポートデスクやベンチャー支援、ビジネスローンも充実。海外ビジネスサポートも行っています。資金調達だけでなく事務合理化サポートも行っており、法人用のインターネットバンキングシステムや資金集中管理システムも提供するなど、法人向けのサービスも広く取り扱っています。

第三銀行

第三銀行の名古屋支店は、中村区名駅5丁目にあります。ATMは平日や土日・祝日に限らず7:00~21:00まで開いているため、その利便性から個人・法人に限らず利用者が多い地銀です。急ぎの資金調達に便利な個人事業主・法人専用のローン「右腕くん」や、中小企業の向けの「ビジネスローンS」など、資金調達のサポートも豊富にそろえています。

愛知銀行

愛知銀行では、ビジネスローン、シンジケートローン、あいぎん未来創造ファンドなど多彩な資金調達のサービスを用意しています。ビジネスサポートも行っており、セミナーを開催したり、経営・事業支援の情報を提供したりといったサービスを展開。海外進出支援事業も行っており、海外進出や貿易・投資に関する相談に乗ってくれるなど、ビジネスの幅広いニーズに対応してくれます。

伊予銀行

伊予銀行は、愛知県名古屋市中区錦2丁目に店舗を構える地銀です。個人事業者向けに「いよぎんビジネスクイックローン」を提供しています。金利は5.0%、8.0%、14.6%の中から審査の上で決定。利用額は最高500万円で、資金使途確認資料は不要です。ものづくり支援やICTコンサルティングといった経営・事業サポートも充実しています。

名古屋市で会社設立をするために

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
公式HPへ