Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 愛知で会社設立関連ニュース » 愛知の中小企業向けの助成金情報

愛知の中小企業向けの助成金情報

会社設立する際には、ぜひ知っておきたい「助成金」があります。助成金についてきちんと理解して情報を集めておけば、設立の際の心強い味方になります。愛知県内の事業所が利用できる助成金について、チェックしておきましょう。

助成金とは?

助成金は、会社設立をする際や人を雇う際に、かかる経費の一部を国が負担してくれるという制度です。主な要件は、雇用保険の適用事業所であることと、雇用保険に加入する労働者を雇い入れること。

起業後すぐの会社は、銀行などの金融機関やベンチャーキャピタルから融資してもらうのが、非常に難しいといわれています。そこで補助金の交付を受けビジネスモデルを構築し、事業を軌道に乗せるための足掛かりにするというわけです。

様々ある補助金の中でも、厚生労働省の管轄の補助金は、雇用関連の補助金が多くあります。従業員を雇うとその分コストも増えますが、会社を大きくするためには、人材確保はとても大切。補助金をうまく活用することで、事業の拡大がスムーズになるといえそうです。

愛知の中小企業に注目の助成金

愛知県内中小企業の支援機関である「公益財団法人あいち産業振興機構」が設けている、中小企業向けの助成金を紹介します。

あいち中小企業応援ファンド助成事業

地域資源を活用した中小企業の新規事業展開に還元することで、地域の活性化や産業の活性化を目的として設けられている助成金。国(独立行政法人中小企業基盤整備機構)と県の資金に加えて、地域の金融機関の資金協力のもと、あいち産業振興機構に基金が造成されています。

地域資源とは、地域経済に深く関わる愛知県内の鉱工業品、およびその生産に関わる技術、農林生産物、観光資源のこと。

「地域産業資源活用応援ファンド」、「モノづくり応援ファンド」、「農商工連携応援ファンド」と対象事業別に3つの分野が用意されており、助成限度額や助成率がそれぞれ決められています。

助成対象となる経費は、謝金、旅費、事業費、試作・開発費となります。

中小企業外国出願支援事業

愛知県内中小企業の国際的な事業展開に向けて、外国への出願にかかる費用の一部を補助する制度。海外市場にチャレンジする中小企業が対象となります。

応募資格は、愛知県内に本社のある中小企業、またはそれらの中小企業者で構成されているグループ。外国特許庁への出願料、外国出願に要する代理人費用(現地・国内)、翻訳費用などが助成の対象となります。

補助の上限額は、1企業あたり300万円(複数案件の場合)、1案件あたり30万~150万円となっており、補助率は補助対象経費の2分の1以内と定められています。

この助成金の受付期間は、年に1度、約1ヶ月程度の期間で行われています。見逃すことのないようお気を付けください。

中小企業活路開拓調査・実現化事業

全国中小企業団体中央会が設けている助成金制度。単独では解決困難な様々な事柄に対して、事業協同組合・商工組合・企業組合等を中心とした、中小企業の連携グループが改善・解決を目指すことをサポートします。

中小企業組合等活路開拓事業は、以下の3つのプロジェクトを支援しています。

その他、活路開拓のための情報システム開発を支援する「組合等情報ネットワークシステム等開発事業」や愛知県の連合会(組合)がその会員や組合員を対象として行う研修プロジェクトを支援する「連合会(全国組合)等研修事業」などがあります。

中小企業応援障害者雇用奨励金

障がい者を始めて雇用する事業主に対して支給される奨励金。平成29年4月に創設された新しい奨励金ですが、平成30年には支給要件が緩和され、さらなる障がい者雇用の拡大を図っています。

支給額は、1事業主あたり60万円。対象となる労働者が短時間労働者(1週間の所定労働時間が20時間以上、30時間未満)の場合は、30万円となります。

対象となる労働者を雇い入れた日から、6ヶ月経過すると、その翌日から2ヶ月以内に必要な書類を添えて愛知県に申請をすれば、奨励金を受け取ることができます。

提出する書類が複数あるため、申請の手引きをしっかり確認するようにしましょう。

中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金

労働者数300人以下の事業主が、障害者の雇い入れに関する計画を立て、その計画をもとに障がい者を10人以上雇用し、さらに障害者を雇い入れるために必要な事業所の施設や設備を設置・整備した際に、受け取ることができる助成金。中小企業の障がい者雇用の促進を目的としています。

この助成金は、新たに雇い入れた支給対象となる障がい者の人数と、施設や設備の設置・整備にかかった費用の金額で決まります。

要件が多岐に渡っているため、詳しい要件を知りたい方は、労働局またはハローワーク、支給申請窓口に問い合わせてみてください。

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について