Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは?

会社設立における法規制や必要な届け出とは?

愛知県で会社を設立するうえで知っておきたい、法規制や必要な届け出などの情報を業種別にご紹介します。会社設立において欠かせない知識ばかりなので、ぜひ一度目を通してみてください。

中古車販売

株式会社として設立する場合は、「株式会社設立登記申請」が必要となりますが、中古車販売業はそれだけでは営業できません。

中古車を取り扱い、販売するためには「古物商許可」が必要となり、廃車を引き取る場合には「自動車引取業登録」が必要となります。

それぞれ届け出先は異なるため、事前にしっかり確認しておくようにしましょう。

中古車販売の会社設立について、詳しく見る>>>

自動車整備工場

自動車整備工場の開業おいてまず必要となるのが、国土交通省中部運輸局から認証工場の認定を受けること。

その後、実際に会社を設立する際には、公証役場に会社の基本規則をまとめた「定款」と発起人の印鑑証明書を提出する必要があります。
そして最後に、法務局にて法人登録手続きを行い、県税務署事務所へ法人設立届を提出すれば、法人設立は完了です。

自動車整備業は、その他にもさまざまな法規制が定められているので、正しい手順で会社を設立するためにも事前にしっかり内容を確認しておきましょう。

運送業

人や荷物を運ぶ運送業を開業するにはまず、国土交通省から「一般貨物自動車運送事業許可」を得るのが鉄則です。

その後、愛知運輸支局に新規許可申請を行い、国で定められている法令試験を受けます。この試験に合格できなければ運送業として会社を設立することはできませんので、しっかりと準備しておきましょう。

運送業として営業するには他にも、最低5台の車両と5人のドライバーが必要、車両ナンバーの色は緑もしくは黒でなくてはいけないなど様々な規制があるので、事前にきちんと把握しておくことが大切です。

建設業

建設業として会社設立をする際は、「建設業許可書」の申請が必須となります。また、愛知県で設立する場合は、併せて知事許可も必要となるので覚えておきましょう。

ただし、工事1件の請負金額が1,500万円未満の場合や、延べ面積150平方メートル未満の木造住宅の建築工事など、法令で決められた軽微な建設工事だけを請け負う場合は許可を得なくても営業は可能です。
他にもさまざまな条件や規制があるので、しっかり確認しておくようにしましょう。

建設業の会社設立について、詳しく見る>>>

解体工事業

解体工事業の会社設立には、工事の規模に応じて2種類の届け出が必要となります。工事費が500万円未満の場合は「解体工事登録」、500万円以上なら「建設業許可」の申請が必要です。

ただし、技術管理者の選任を行なっていなかったり、書類に虚偽や記載漏れがあったりする場合はこれらの許可を受けることができないので注意しておきましょう。愛知県は建設業が盛んな地域でもあるため、それに伴い発生する解体工事は今後も安定的であると言えます。

解体工事業の会社設立について、詳しく見る>>>

不動産業

株式会社を設立する際は「株式会社設立登記申請書」の提出が必要となりますが、不動産業はそれだけでは営業できないのが特徴です。不動産業を営業するためには、宅地建物取引士の設置が法律で定められており、必要不可欠となります。

その他にも、愛知県内にのみ事業所を設ける場合と、県外にも事業所を設ける場合では取得する免許が異なるなど、様々な規制が定められています。

不動産業の会社設立について、詳しく見る>>>

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野先生に
ついて詳しく