Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは? » 自動車整備

自動車整備

愛知県で自動車整備工場の会社設立を目指している方に、必要な届け出や自動車整備業に関する規則、愛知県内の就労人口などを案内しています。

会社設立の届け出

自動車整備工場として会社設立するならまず、国土交通省中部運輸局による承認が必要です。その後、会社設立して法人化する手順を踏むことになります。

自動車整備業認定申請は「国土交通省 中部運輸局 愛知運輸支局」へ

自動車整備工場を開設するには、自動車整備業を行っても良いという許可を得なくてはなりません。基本法規「道路運送車両法」に則り、事業所ごとに運輸局長の承認が必要です。

まずは愛知運輸支局で申請書を提出します。その後、中部運輸局で内容調査が行われ、認定して良いかどうか決定する流れです。

認定内容にも自社で点検・整備までが可能な「認証工場」と点検・整備に加えて検査まで可能な「指定工場」の2種類があります。

10年後も生き残る自動車整備工場を目指すなら、検査後に保安基準適合証まで交付できる指定工場の認定を得るのがおすすめです。

法人設立の報告書提出は「管轄の県税事務所へ」へ

法人設立は節税対策や取引上の信用度を高めるために効果的です。

株式会社として設立するためには、会社の基本規則をまとめた「定款」や発起人の印鑑証明書を用意しなければなりません。

これらの書類を公証役場へ提出した後、法務局での法人登記手続きに移ります。法務省のホームページに掲載されているひな型を使って登記申請書を作成し、登録免許税分の収入印紙を用意。定款の写しや払込証明書、会社役員の印鑑証明書、法人実印の印鑑届出書などを持参し、法人登記を済ませます。

会社設立・法人登記手続きを終えた後、県税務事務所へ法人設立届を提出して法人設立となるのです。

こういった手続きは専門家でなくても対応可能ですが、初心者が書類作成するのは骨が折れるため、頼れる会計事務所を見つけておくと良いでしょう。

その他自動車整備業に関する規制

中部運輸局から認証を得るのであれば、自社で整備・点検・検査が可能な「指定工場」まで取得するがおすすめですが、認証工場も指定工場も審査を受けるうえで満たすべき条件があります。

認証工場になるための条件

指定工場になるための条件

愛知県における自動車整備業界の就労状況

自動車整備業はサービス業に分類され、愛知県で見るとサービス業の労働者数は227,100人ほど。1人あたりの労働生産性は3,547,000円となっています。

ただ、愛知自動車整備人材確保・育成連絡会が行った実態調査によると、整備士は全体的に不足している状況です。専兼業だと39.9%、ディーラーだと63.2%で整備士が足りていないと報告されています。

そのため、愛知県の自動車販売・整備業に携わる団体が整備士の確保・育成を目指して積極的に体験イベントを開催。さらに3級自動車整備士国家資格を取得できる養成学校を案内しています。

愛知県で自動車整備工場を設立するなら、自動車整備振興会や商工組合に加入したほうが業界内の有益な情報を得やすく、整備士の確保にもつながるでしょう。

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について