Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは? » 保育事業

保育事業

こちらでは、比較的開業しやすい「小規模認可保育園」と「認可外保育園」の2つに焦点を当てて解説しました。

保育所を開業するために必要な手続き

必要な許認可とその要件

小規模認可保育園

小規模認可保育園の設置は、国が定めた基準に従って各自治体によって決定されています。愛知県が定める基準は記載が見つかりませんでしたが、国が定める設置基準は以下の通りです。

小規模保育園 A型 小規模保育園 B型 小規模保育園 C型
入所対象 0~2歳児 0~2歳児 0~2歳児
定員 6~19名 6~19名 6~10名
職員数 認可保育所の配置基準+1名 認可保育所の配置基準+1名 0~2歳児3人につき1人(補助者を置く場合5人につき2人)
資格 保育士(保健師または看護師の特例あり) 職員の1/2以上が保育士(保健師または看護師の特例あり・研修あり) 家庭的保育者(市町村の研修を受けた保育士、保育士と同等の知識・経験を有すると認められた者)
保育室等の設備
  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
  • 乳児室またはほふく室:0~2歳児いずれも1人あたり3.3m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
給食 自園調理(連携施設等からの搬入可) 自園調理(連携施設等からの搬入可) 自園調理(連携施設等からの搬入可)

認可外保育施設

特に必要ありません。

保育所の登録手続き

小規模認可保育園

小規模認可保育園の登録手続きに関して、詳しい情報は該当地域の相談窓口にてお問い合わせください。

認可外保育園

認可外保育施設を設置した場合は、事業を開始してから1ヶ月以内に、都道府県知事に対して届け出をする必要があります。設置届けに記入の上、必ず1ヶ月以内に届け出をしましょう。

また、事業開始後に届け出事項に変更があった場合、施設を廃止・休止した場合にも届け出は必要です。

必要な資格

保育所を経営するうえで必要な資格はありません。保育園になる物件さえあれば問題なく経営が可能です。

一般的な開業資金の相場

では、保育事業ではどれくらいの費用がかかるのでしょうか。こちらでは、園児定員が20~30名ほどの保育園を開業する場合にかかる費用の目安を調べてみました。

不動産取得費 100~150万円
内装工事費 100~150万円
備品・消耗品費 60~100万円
広告宣伝費 20~50万円

保育園を開業するには、400~500万円ほど必要です。他の事業と比べると、比較的低めの初期費用だといえますが、認可が下りるまでに4~5ヶ月ほどかかるので、その間も資金繰りができるだけの資本金を用意しておきましょう。

愛知で保育所の認可を出している行政庁

保育を行うことを目的とする施設は、都道府県知事に認可を受ける必要があります。

認可外保育園の設置届は、所在する市町村の保育担当課や県子育て支援課にお問い合わせのうえ、提出をしてください。

愛知県庁 健康福祉部 子育て支援課

所在地
名古屋市中区三の丸3-1-2

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について