Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは? » 電気工事業

電気工事業

電気工事業で開業するために必要な手続きと、愛知県で許認可を出している行政庁についてまとめています。

電気工事で開業するために必要な手続き

必要な許認可とその要件

電気工事で開業する為には、まず「登録電気工事業者」として所轄の都道府県知事に届出を出さなくてはなりません。

まず第二種電気工事士の資格を取得してから3年以上の実務経験を積みます。その後は「認定電気工事従業者」の資格申請をして交付を受け、登録電気工事業者として県知事登録をすることで、独立開業をするというのが主な流れです。

必要な資格

電気工事業で独立するためには、最低でも第二種電気工事士を取得している必要があります。登録電気工事業者として都道府県知事に申請し、登録をすることで、はじめて電気工事士としての独立が可能です。

ただし、第二種電気工事士では業務の範囲が限られるのが難点。「認定電気工事事業者」の資格も取得しておくと業務の幅が広がるので、あらかじめ申請しておくとよいでしょう。認定電気工事事業者の交付は、第二種電気工事士の資格を取得した後3年以上の実務工事の経験が条件です。

電気工事業者の登録手続き

電気工事業者として登録するためには、各管轄の都道府県に届け出なければなりません。愛知県では県庁で申請を受け付けてくれます。

申請書類

(※1)申請者本人または申請法人の役員が主任電気工事士になる場合は不要

添付書類・確認書類

なお、登録には登録手数料22,000円が発生するので留意しておいてください。

登録の有効期限は5年となっているので、5年ごとに更新登録をする必要があることも念頭に置いておきましょう。

一般的な開業資金の相場

登録電気工事業者の登録手数料と、必要な工具があれば、すぐにでも独立することは可能です。

仕事を安定して受けられるようになるまでは営業で出回りをする必要がありますし、そういう収入が発生しない時期を支えるために資本金は必要でしょう。

一概に「いくらくらいあればOK!」とは言えませんが、少なくとも3ヶ月は資金繰りができるような金銭的余裕をもっておくべきです。

愛知で電気工事の認可を出している行政庁

登録電気工事業者の申請は、所轄の都道府県知事に届ける必要があるため、県庁にて受け付けてくれます。

愛知県庁 建設業不動産業課

所在地
名古屋市中区三の丸3-1-2

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について