Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは? » 飲食店を開業!愛知県での申請手続きガイド

飲食店を開業!愛知県での申請手続きガイド

愛知県で飲食店を会社設立する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。押さえておきたいポイントを解説いたします。

開業に必要な許認可と要件

愛知県で飲食店を開業する場合、次の届出が必要です。

食品営業許可申請

飲食店を開業するには、都道府県知事の許可が必要になります。許可は、営業所の所在地を管轄する保健所へ「食品営業許可申請」を行い、施設調査で愛知県が定める基準に合致していれば取得できます。施設調査で不備が見つかった場合は再調査となります。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

深夜12時以降にお酒を提供する場合は、営業所の所在地を管轄する警察署へ「深夜における酒類提供飲食店営業の開始届出」の提出も必要です。第一種地域(都市計画法で定める第一種低層住宅専用地域など)では営業できないので注意しましょう。

防火対象物使用開始届出書・防火管理者選任届など

建物や建物の一部を飲食店などに使用する場合、営業所の所在地を管轄する消防署へ「防火対象設備使用開始届」を提出しなければなりません。飲食店の収容人数が30人を超える場合は、「防火管理者選任届」と「消防計画」も提出します。収容人数は、スタッフを含み30人以上です。

必要な資格

愛知県で飲食店を開業するには、次の資格が必要です。

食品衛生責任者

飲食店は、店舗の規模を問わず施設ごとに食品衛生責任者を置かなければなりません。資格は、愛知県食品衛生協会が実施している「食品責任者養成講習会」を受講することで取得できます。資格取得後は、保健所へ食品衛生責任者の届出も必要です。

防火管理者

防火管理者になるには資格が必要です。資格は、日本防火・防災協会などが実施している「防火・防災管理講習」を受講することで取得できます。延べ床面積が300平方メートル以上の飲食店は甲種防火管理者、延べ床面積が300平方メートル未満の飲食店は乙種防火管理者の資格が必要です。

手続きの流れ

以上の手続きをまとめると次のようになります。

申請は提出先ごとにまとめて行なうと便利です。開業する飲食店によって、他の届出が必要になることもあるので詳しくは保健所・警察署・消防署などへお問い合わせください。

開業資金の相場

飲食店の開業資金は、出店するエリアや店舗の規模により大きく異なります。一般的な相場といわれているのが、700万円~1500万円程度です。主な費用として挙げられるのが、物件取得費と店舗投資。物件取得費は、保証金が家賃の10カ月分程度かかります。店舗投資は、内外装工事や備品などにかかる費用です。以上のほかでは、運転資金も用意する必要があります。

開業に必要な物品

飲食店を開業するには、次の物品などが必要になります。

開業の許認可を出す行政庁

保健所

愛知県で飲食店を開業する方は、保健所へ食品営業許可申請などの届出が必要です。愛知県内には16カ所の保健所(12の県立保健所+名古屋市・岡崎市・豊田市・豊橋市)があります。管轄区域は以下を参考にしてください。

厚生労働省:保健所管轄区域案内 愛知県

愛知県:愛知県の保健所

警察署

深夜12時以降にお酒を提供する場合は、警察署へ深夜における酒類提供飲食店営業の開始届出が必要です。愛知県には、46カ所の警察署があります。詳しくは、以下を参考にしてください。

愛知県警:警察署・幹部交番所在地

消防署

愛知県で飲食店を開業する方は、消防署へ防火対象物使用開始届出書などの届出が必要です。愛知県には、34カ所の消防本部などがあります。詳しくは、以下を参考にしてください。

全国消防長会:東海支部消防本部へのリンクページ

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について