Wisdom surviving 10 years

× CLOSE

10年後に生き残る会社設立~愛知編~TOP » 会社設立における法規制や必要な届け出とは? » 旅行会社を設立!愛知県での申請手続きガイド

旅行会社を設立!愛知県での申請手続きガイド

愛知県で旅行会社を設立するために、必要な手続きや開業資金の相場などを解説します。検討中の方は参考にしてください。

開業に必要な許認可と要件

旅行会社を設立するためには、旅行業登録という許認可を得る必要があります。

旅行業登録

旅行業登録が必要な理由は、旅行業法で「報酬を得て一定の行為を行なう事業を営もうとする者は、観光庁長官又は都道府県知事による旅行業、又は旅行業者代理業の登録を受けなければならない」と定められているからです。具体的には、募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行などを行なおうとしている場合、旅行業などの登録が必要になります。

旅行業者は、業務の範囲で第1種旅行業者、第2種旅行業者、第3種旅行業者、地域限定旅行業者、旅行業代理業者に分かれます。主な業務の範囲は次の通りです。

登録行政庁(申請先)は、第1種旅行業者が観光庁長、第2種旅行業者・第3種旅行業者・地域限定旅行業者、旅行業者代理業は愛知県知事(主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事)です。

必要な資格

旅行会社を会社設立する場合、営業所ごとに旅行業務取扱管理者を選任しなければなりません。

旅行業務取扱管理者

旅行業務管理者は、旅行業務の管理・監督に関する事務を行ないます。国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者に分かれます。営業所が国内旅行に加えて海外旅行も扱う場合、国内旅行と海外旅行を取り扱う総合旅行業務取扱管理者を選任する必要があります。旅行業務取扱管理者は、旅行業協会が実施する「総合旅行業務取扱管理者試験」「国内旅行業務取扱管理者試験」に合格することでなれます。

手続きの流れ

旅行会社を設立する主な流れは次の通りです。

旅行会社を設立する場合、事業目的に「旅行業法に基づく旅行業」などを記載しておかなければなりません。また、旅行業務取扱管理者がいないと旅行契約を結べないため、旅行業登録の手続きを進められません。旅行業務取扱管理者を取得していない方は注意しましょう。

開業資金の相場

開業資金を考える時に注意したいのが、旅行業登録の基準資産です。定められた要件を満たしていないと旅行業登録を行なうことはできません。登録種別ごとに次の基準資産が必要です。

基準資産は、資本金から法務局へ支払う営業保証金、又は旅行業協会へ支払う弁済業務保証金分担金などを引いて求めます。第3種旅行業で登録する場合、営業保証金は300万円なので法務局へ供託する場合は600万円以上、弁済業務保証金分担金は60万円なので旅行業協会へ入会し納付する場合は360万円以上の資本金が必要になります(初年度の取引額などにより変動する可能性があります)。

以上に加え、会社設立費、物件取得費、旅行業務取扱管理者の人件費(雇用する場合)などが必要です。実際に必要になる開業資金は、事業の規模や旅行業登録の種別で異なりますが、第3種旅行業を例にとると最低でも1000万円程度の開業資金は必要といえるでしょう。

開業に必要な物品

旅行会社の設立に必要な物品は、パソコン・FAX複合機・カラープリンターなどの事務用品です。これらに加え、添乗員用のバッジや旗なども必要になります。

開業の許認可を出す行政庁

愛知県で旅行会社を会社設立する場合、次の行政庁で旅行業登録を行ないます。

観光庁

第1種旅行業登録は、観光庁長官による旅行業の登録を受けなくてはなりません。登録行政庁は観光庁です。愛知県で旅行会社を会社設立する場合、以下に書類などを提出します。

都道府県庁

第2種旅行業・第3種旅行業などは、都道府県知事による旅行業の登録を受けなくてはなりません。登録行政庁は、都道府県庁です。愛知県で旅行会社を会社設立する場合、以下に書類などを提出します。

愛知(名古屋)で10年生き残るための会社設立とは?

当サイトは、長年に渡って、愛知で会社設立や経営活動に携わってきた浅野芳郎先生をアドバイザーに迎え、10年生き残るための会社設立について情報をまとめています。

浅野先生
浅野先生のプロフィール

愛知県に本拠地を構える会計事務所、税理士法人浅野会計事務所の代表者。名古屋を中心として会社の立ち上げから経営まで幅広く企業のサポートを行っている。

浅野会計事務所
について